あんちんの3つのご案内

information

食べる OTERA MAE RESTAURANT ANCHIN

食べる

OTERA MAE RESTAURANT ANCHIN

和歌山県最古の寺 道成寺 古のお寺前で味わう四季折々の食材。春にはピンクに染まった桜鯛、もちもちの初鰹。夏には銀色に光る太刀魚・鱧・鮑。秋には伊勢海老・熊野牛・そして米は自分たちで育てた自家製米。冬には幻の九絵・生鮪と春夏秋冬様々な食材が並びます。年中通してお好みの食材をお楽しみ下さい。

買う WAKAYAMA FACTORY

買う

WAKAYAMA FACTORY

まるでお寺の境内。石畳と釣鐘、そしてあんちん清姫伝説の蛇。非日常的な空間で、地域の物産を販売・製造しています。
北は高野山・ごま豆腐 中は日高川・釣鐘饅頭 南は古座川・柚子。春には苺、夏には桃、秋冬にはみかん・柿。県内各地域の物産をここで販売・発信しています。

体験する WAKAYAMA ARRANGE

体験する

WAKAYAMA ARRANGE

苺・甘夏・桃・葡萄・みかん・柿・ミニトマト・大根・温室花。和歌山県にはフルーツ・野菜の作物が年中豊富にある。そしてそれらの加工品も沢山あります。ここでは、旬の食材を『収穫する』 『加工する』を皆様に体験していただくお手伝いをしています。ここにしかないモノ・コトを是非お楽しみください。

新着記事

news

2021年関西ぶどう狩りなら有田巨峰村!あんちんツアーで!

2021年8月3日最新情報!ことごとく新型コロナウイルスの関係で多くのツアーイベントがなくなってきていますが… あんちんでも、8月20日(金)より和歌山県最大級、いや、近畿、いや、西日本でも最大級のぶどう狩りが楽しめる「紀州有田巨峰村」さんでツアーができるようになりました! 通常では毎年、大々的にオープニングセレモニーが行われますが、新型コロナウイルス感染防止のため、記念式典は中止…ですが、ソーシャルディスタンス、人数制限をかけながら、しっかりとオープンいたします。 今回も昨年ブログでもご紹介していた「まる太農園」さんの記事です。https://anchin.jp/news/kansai-daytrip-grape-pear-picking-marutafarm/ 有田巨峰村は、複数の農家さんが参画する和歌山県内最大級の観光フルーツ園です。総面積は東京ドームの約8倍にもあたる、約40ヘクタール!広大な自然の中で、三密を回避して、楽しい夏休みの思い出を作ってください! 有田巨峰村ホームページより引用 http://www.kyohoumura.com/  受け付けを左に進み、中腹の当たりに位置するのが「まる太農園」さんです。 「有田巨峰村」となっているように、メインは、巨峰。その他、ピオーネやセキレイ、シャインマスカットなどのぶどうも収穫できる農園さんもあります。 時期は、8月20日から9月下旬までお楽しみいただくことが出来ます! お問い合わせ、ご予約等は、「あんちん」にお問い合わせくださいませ。  ご不明な点は、まずはお電話頂ければと思います! 0738-24-1500 あんちん〒649-1331 和歌山県日高郡日高川町大字鐘巻1745-3 こちらは「まる太農園」さんを取材した際の動画です。ご参考までに↓↓ https://youtu.be/SiswrMmkpLE
続きを読む
桃狩り和歌山食べ放題

桃狩り・メロン狩り(和歌山)時期は?2021年あんちんでは?

夏は、桃狩り!メロン狩り…ですが… フルーツ大国和歌山。果物というと「秋」というイメージがありますが、「あんちん」では年中、いろいろなフルーツの収穫体験ができます…しかし… 2021年夏。残念ながら「青梅狩り」体験は、「緊急事態宣言中」ということもあり、泣く泣く中止としました。https://anchin.jp/news/wakayama-plum-picking2021/ そして…桃狩り、メロン狩り…も団体様の予約が、契約農園様の意向で、受付が出来ない状態となってしまいました…。無念…としか言いようがありません。 お客様からも「いつから?」「出来るの?」というお話も聞くようになってきましたので、こちらのブログで発表させていただきます。 大変申し訳ありません。もちろん「狩り」が出来ないだけで、販売やお土産等でご準備することは可能です。 2021年もまだまだ収束の見えないコロナ…。気を取り直して、来年の話をしましょう!通常ですと、桃狩り、メロン狩りというのは、時期はいつかのか?どんな事ができるのか? 1年早いですが、来年に向けての予習といきましょう!では問題です。桃とメロン。どちらが先に収穫になるでしょうか? 答えは…桃です。 https://youtu.be/WrLppb3AhZA メロン狩りの時期は? あんちんの桃狩り体験は、通常であれば、7月10日くらい〜8月上旬です。ただ、気候変動により、変更する場合がございますので、まずはお電話いただければ幸いです。あんちん〒649-1331 和歌山県日高郡日高川町大字鐘巻1745-30738-24-1500動画でもご紹介していますが、桃の生産は、江戸時代、和歌山の現・紀の川市桃山町で始まったと記録があります。由緒正しき桃の産地です。「あら川の桃」で全国的にも有名ですよね。 大切に大切に袋の中で育てられた桃は、糖分をたっぷりと蓄えて熟してくると、枝が重みでしなってきます。私を出荷して!と言わんばかりの桃、来年2022年は、ぜひこの時期に収穫してください! 極早生モモと言われる桃「竜門早生」はその名の通り、出荷が早く6月中旬から始まります。また皆様もご存知の「白鳳」「清水白桃」などが、6月下旬から8月中旬まで順次出荷されます。時期により、どの桃に出会えるかは、お楽しみですが、時期は他のフルーツに比べて短めですので、ぜひ、お早めにご予約くださいね。 今年は桃狩りが「あんちん」では、体験出来ませんが…あんちんの協力事業者でもある八旗農園さんの桃ゼリーいかがですか?和歌山県名産品スイーツセレクトboxes No8「あら川桃ゼリー」 メロン狩りの時期は? 続いて、メロン狩りです。通常は、時期は7月末から8月末にかけてです。えっ?和歌山でもメロン?と思われたかもしれません。メロンの収穫量も日本でTOP10には入ってないのですが…和歌山は、なんてったってフルーツ大国ですから!関西圏でメロン狩りを体験できるのは珍しいかと思います。 今も昔も高級なフルーツといえば、メロン。2020年〜2021年、コロナ自粛、自粛、自粛でたまりまくったストレスを2022年!一気にメロンを豪快に食して、発散してください! 桃狩りもメロン狩りも、どういう仕組みなの?? イメージでいうと「狩り」と「食べ放題」があるということです。 いちご狩りは、その場で、いちごを獲って、その場で食べる…というのはわかりやすいですね。 でも、桃狩りやメロン狩りは、その場で獲って、食べる…には少々難しいですよね。 ですので、「狩り」=その場でお好きな、メロン、桃を獲って、お持ち帰り。 この際の料金は、1個で計算する場合もありますし、グラム単位で計算する場合もあります。あなたが「絶対にうまい」と思った桃やメロンをたわわに実った果樹から、解放してあげてください! 「食べ放題」は、そのままの意味。すでにお店の方でカッティングされた桃やメロンをお好きなだけ食べて頂くというものです。 その場で、贅沢にお腹いっぱい食べたい食べたい方は「食べ放題」 ご自身の選んだ究極の果物をお家でゆっくりと食べたい!という方は「狩り」です。 もちろん、セットにしたい!という太っ腹なお客様もいらっしゃると思いますので、その際は、ご予約の際にお申し付けくださいね! 2021年は、残念ながら「あんちん」では、青梅狩りに続き、桃狩り、メロン狩りまで中止となってしまいました… それでも、お客様のご要望には出来る限りお答えしたいと思っています。「狩り」は出来ないけど、こんな事できない?というようなご相談でも構いませんので、お気軽にお電話くださいませ。 あんちん〒649-1331 和歌山県日高郡日高川町大字鐘巻1745-30738-24-1500
続きを読む
梅狩り和歌山青梅狩り梅房

梅狩りの時期(和歌山)は?2021年あんちんでは断念…

和歌山は梅の収穫量が全国一位! 和歌山は梅の産地です。全国の梅の収穫量のうち、65%が和歌山県!他を寄せ付けない堂々の1位!そんな梅の産地で行われる「青梅狩り」をご存知でしょうか?あんちんでは、青くて、まだ硬い青梅…の時に『収穫体験』ができるんです。 青梅とは? 梅干しなどをご自宅で漬ける方は、ご存知だと思いますが、梅干しを漬ける時の梅の状態は完熟のものでなければいけませんよね。梅の色は、黄色い状態です。 そうではなく、青梅(フレッシュな緑色)は、まだ全然熟しておらず、カッチカチの状態。梅干しを作るには全く向いていません。 しかし!この青梅は… ・梅酒・梅シロップ・ハチミツ漬け・梅サワー・梅肉エキス・青梅ピクルス・甘酢漬け・砂糖漬け・甘露煮 …などなど!多くの梅レシピにもってこいなのです! 梅酒も、最初の手間こそかかりますが、仕込んでしまえばそのまま放置して早ければ4ヶ月後には色が出てきて、飲むことが出来ますし、ずっと保存すれば、梅の味がどんどん増して、極上の梅酒になっていきます。 青梅狩りの時期・季節は? 通常、あんちんでは、5月末から6月中旬に「青梅狩り体験」が出来るようになります。本来であれば、その告知を5月のGW明けに行う予定でした。 しかしながら、2021年は、新型コロナによる「緊急事態宣言」が出ている最中であり、5月22日の情報ですと「宣言の延長」も検討されているということで、あんちんでは泣く泣く「青梅狩り」は中止とさせていただきます。 毎年楽しみにされていた皆様、本当に申し訳ございません。来年こそは、コロナも収束して開催できることを祈るばかりです。 「青梅狩り体験」は出来ませんが、青梅を取り扱う協力事業者のスイーツはいかがですか?  https://youtu.be/71imc2FuPrw 和歌山県名産品スイーツセレクトboxes No10「青梅スイートケーキ」 https://youtu.be/YrqEHFx2mM4 和歌山県名産品スイーツセレクトboxes No11「梅酒マドレーヌ」 来年2022年の「青梅刈り体験」にご期待ください。こんな時期ですが、お越しいただいた皆様にお楽しみいただける企画があるかもしれませんので、お気軽にご連絡いただければと存じます。 あんちん〒649-1331 和歌山県日高郡日高川町大字鐘巻1745-3 0738-24-1500
続きを読む
和歌山いちご狩り体験御坊2021年

和歌山でいちご狩りの時期…2021年「あんちん」でもスタート

2021年になりました。昨年末より、イチゴがスーパーでも並ぶようになってきているので…皆様、そろそろ「いちご狩り」行きたいなぁという方も増えてきているかと思います。 そんな方々に朗報!2021年、あんちんの体験メニュー「苺狩り」スタートしています! コロナ収束まであと少し!そして、私たちは、四季折々、自然の食材と向かい合う仕事です。歩みを止めるわけにはいきません。自然の恵みを無駄にするわけにもいけません。 そこで、ブログでも紹介した和歌山県御坊市にある「農園ひだか」さんと協力して2021年も元気にスタートしました! 果物王国の和歌山で、いちご狩り体験しませんか? 人の混んでいない、広々とした空間で、土とふれあい、いちごをほおばる… どこにも行けず…ストレスをためているお子様をはじめ、 ご家族、ご友人で、初春を感じながら、自然と触れ合える良い機会です! イチゴの食べ放題や、いちご狩りは、5月にかけてお楽しみいただける予定です。 このコロナ禍ということも含め、当日の天候などの影響で開園・閉園時期が前後する可能性がありますので、事前のご連絡をお待ちしています。 料金もご予算にあわせて、ご提案できる部分もありますので、詳細は当店にご連絡くださいね。和歌山県にはフルーツ・花・野菜の作物が年中豊富にあります。「あんちん」では、『収穫する』 『加工する』を皆様に体験していただくお手伝いをしていますので『こんな体験ツアーできない?』『このくらいの予算で楽しめる○○狩り体験ない?』とお問い合わせいただければ、ご対応できるかと思いますので、まずは、お電話いただけると幸いです。 「あんちん」TEL:0738-24-1500今回ご紹介した「農園ひだか」さんは〒644-0022 和歌山県御坊市名田町上野1336−2 0738-29-2348
続きを読む
あんちん和歌山レストランテイクアウト配達メニュー

あんちんテイクアウト・配達デリバリー(メニュー紹介)

2021年を迎えましたが、コロナは収束どころか、昨年より猛威をふるっています。自粛疲れ…と言われていますが、私たちは、出来る限り、経済を回しながらも、コロナと戦わないといけない現状は変わっておりません。2021年緊急事態宣言が改めて発令され、外食を控えなければ…でも、美味しいものは食べに行きたい… またこのような悩みを抱えてしまわれている方も多いかと思います! そんなときこそ!和歌山県日高川にあるお食事、レストラン「あんちん」テイクアウトメニュー! ブログで何度かご紹介していますが、テイクアウトも配達もやっています。 おかげさまで、毎日ご注文いただいています。 ワクチンも開発されて、収束まであと少し!みんなで一致団結して、この難局を乗り切っていきましょう!人類が未知のウイルスと戦っているのです。正解などありません。誰か人を憎まず、誰かのせいにせず、誰かを責めず、憎きは新型コロナです。出来ること、やれること、やっていきましょう! あんちんのテイクアウトメニューをご紹介していきます! 各種お弁当お肉料理オードブル なんと会席料理も…和牛、イベリコ豚、九絵などなど… お鍋セットもテイクアウト/配達しております!具材とお出汁♨️コンロセットもすべて込み!(笑) なんなりとご注文ください! ご予約必要となりますので、予めお電話にてよろしくお願い致します。 0738-24-1500 メニュー表はこちらから、ダウンロードも出来ます。和歌山レストランあんちん配達テイクアウトデリバリーメニュー 和食 刺身定食・・・・・1340円天ぷら定食・・・・1570円牛照り焼き定食・・1430円豚かつ定食・・・・1150円うなぎ定食・・・・2000円 洋食 ステーキ・・・・・1910円牛カツ・・・・・・2380円Aランチ・・・・・1150円(ハンバーグ・エビフライ)Bランチ・・・・・960円 (豚カツ・エビフライ)ハンバーグ・・・・1050円エビフライ・・・・1340円野菜サラダ・・・・580円チキンライス・・・580円焼きめし・・・・・580円カレーライス・・・580円オムライス・・・・620円 丼物 創業48年の味あんちん丼・・・・670円(鳥そぼろ・錦糸玉子)餡かけ親子丼・・・・・・620円他人丼・・・・・・620円玉子丼・・・・・・530円かつ丼・・・・・・810円天丼・・・・・・・860円うな丼・・・・・・1200円ステーキ丼・・・・1000円 寿司 盛り合わせ・・・・860円バッテラ・・・・・580円しそ巻き・・・・・480円しんこ巻き・・・・480円きゅうり巻き・・・480円鉄火巻き・・・・・580円いなり寿司・・・・580円あんちん寿司・・・960円(自家製〆鯖)にぎり盛合わせ・・1050円 麺類 あんちんうどん・・・670円天ぷらうどん・・・・770円きつねうどん・・・・480円肉うどん・・・・・・580円玉子うどん・・・・・530円たぬきそば・・・・・530円冷しうどん・・・・・620円天そば・・・・・・・770円ざるそば・・・・・・580円天ざるそば・・・・・860円梅うどん・・・・・・670円備長炭うどん・・・・670円 その他 日替わり弁当・・・600円~※日によって内容・値段が変わります幕ノ内C・・・・・1000円幕ノ内A・・・・・1500円 各種仕出し弁当1000円~5000円 オードブル・・・・3000円     ・・・・5000円     ・・・・8000円     ・・・・10000円 寿司盛り合わせ・・・一人前 860円※五人前など大皿盛り対応可 イベリコ豚鍋一人前・・3000円 和牛しゃぶしゃぶ一人前・・・4000円 魚ちり鍋一人前・・・3500円 その他鍋料理 九絵・河豚など※鍋料理はすべて五人前など大皿盛り対応可 会席料理1人前・・・4000円~ 【ご注意点】※すべての商品は、税抜き価格表示です。※テイクアウトに関しては、一時間ほど前にご予約頂きますとスムーズにお渡しできます。※鍋料理・会席料理等は、前日予約対応となります。 家の中で、美味しい食事、食べたいですよね!おうちの中でも、気分転換して、食べたいですよね! そんな皆様の声に「あんちん」は、お答えします! ご不明な点は、まずはお電話頂ければと思います! 0738-24-1500 あんちん〒649-1331 和歌山県日高郡日高川町大字鐘巻1745-3
続きを読む
和歌山県新土産(ボクシーズ)スイーツ統一プロジェクト

応援の輪が広がる!まもなく700%達成!和歌山食材コンプリート特産品スイーツ統一計画!

あなたも!和歌山の特産品をおウチで味わいませんか?? このコロナ禍で、外出もままならない。せっかくお客様の足が戻ってきていたGOTOも中断…。もうこうなったら、気分と口の中ぐらいは、旅行気分味わいたいですよね! 実は、12月15日からクラウドファンディングの大手「CAMPFIRE」様で新しいプロジェクトを立ち上げています。 https://camp-fire.jp/projects/view/352087 もともと1年以上前から、和歌山各地の特産品をどうやって世の中に広げていくか…ということで和歌山の特産品を扱う十数社の協力事業者様たちとチームを組んで打ち合わせを続けていました。 その打ち合わせが2年目に入ろうとした時のコロナ…。 弊社ももちろんのこと、協力事業者のみなさんも大打撃を受けました。 でも、ここで負けるわけにはいかない。こんなときだからこそ、新しいイノベーションが必要だ! …ということで、私たちは、この1年、持ち続けてきた「志」… それは… 「和歌山のことを一人でも多くの方にもっと知ってもらって、和歌山自慢の食材を『食べに』『体験しに』『買いに』来ていただきたい」 「和歌山土産として、県内外に広まる方法を構築したい」 …という思いを、「形」「デザイン」「新商品」というカタチで統一することを決めました!! 和歌山県総面積4700 km2に広がる特産品。 皆様がよくご存知のものから「え!そうなんだ!」というものもあります。 それらを知って頂く一つの機会にもなっていただけたらと思っています。 例えば、紀州南高梅、和歌山ミカン、あら川の桃…などは有名ですよね。 それに加えて、紀州鴨、釜揚げしらす、高野山の胡麻豆腐で有名な金胡麻、数百年の歴史を持つ鯨漁で有名な太地町の鯨、最高品質の炭で知られる紀州備長炭、和歌山県のオリジナル開発品種のいちご「まりひめ」、和歌山県産キヌヒカリの麹を使った甘酒…などまだまだあります。 それらを生産されている事業所が12事業所集まって、それぞれに新しい新商品を開発。さらにそれを「形・デザイン」を統一して、さらに、しらすや鯨、鴨まで、絶品スイーツにしあげました。 まず、見た目が可愛い、カッコいい!と言われるものを目指して。 そして、やはり味がマズイと話にならないし、素材の味が活きないと特産品の良さが出ない…本当に試行錯誤を繰り返し、絶品スイーツに!この度、ようやく形になりました!! それが… BOXES(ボクシーズ)Cadeau de WKYM(カドー デ ワカヤマ:和歌山からの贈り物) です。 和歌山県内の方が、県外のおみやげに「ボクシーズ」。 お酒がお好きな方には「しらす」「紀州鴨」「鯨」「梅」のボクシーズ4。 甘いものがお好きな方には「桃」「みかん」「いちご」「麹」のボクシーズ4。 …などなど、プレゼントを受け取る側の嗜好に合わせた選び方の出来るボクシーズ。 和歌山を旅する気分にしたいなら、ボクシーズ6、ボクシーズ9(全種類) ぜひ、おすすめです。 では、いったい、どのような事業所さんが集まっているの?普段はどんな特産品を作っているの? ボクシーズ、詳しく、中身の詳細が知りたい!!! …という情報は、ぜひ、こちらのサイトから御覧ください。 そして、1mmでも食指が動いた方は、ぜひ、応援してください! クラウドファンディング、ぜひ応援お願いいたします。 https://camp-fire.jp/projects/view/352087 2020年12月22日現在、達成率はまもなく700%! 皆様からの期待値もかなり高い商品です。リターンは2月上旬になりますが、1月末までクラウドファンディングに挑戦中ですので、ぜひとも、皆様の手で1000%達成に向けて、ご声援、応援、支援、寄付(笑)どうぞよろしくお願い致します! このコロナが落ち着いて、和歌山に行きたい!と思ってもらえるように、和歌山、オシャレ!といってもらえるような商品にしていきます。 これからも和歌山を発信する仲間を増やしながら、和歌山の良さを発信していきます。ぜひ、和歌山を盛り上げる、その仲間の一人に、皆様もなってください! よろしくお願い致します! この商品に関するお問い合わせは… 0738-24-1500 あんちん〒649-1331 和歌山県日高郡日高川町大字鐘巻1745-3
続きを読む
和歌山クエ料理ならあんちん

伊勢海老、くえ料理始まっています

和歌山といえば、くえ料理!!シーズン到来です!!少しずつ寒くなってきましたね。寒い日にはお鍋が最高ですよね!そうです!!和歌山といえばくえ!!くえ料理始まっております。くえを食べたら他の魚はくえん!というほど何せ美味い!天然物は白身の身中にさしが入り、ほんのりピンク色。刺身で食べれば濃厚な脂が口の中に広がり、何とも言えない甘味そして香り。お鍋で食べればぷりぷりの食感がたまらなく、刺身より多くの甘味・香り・旨味が口の中に広がります。人生一度は食べて損なし!!是非これからのシーズンにお越しくださいませ。 くえ くえ大鍋料理 くえ会席料理 実は和歌山県伊勢海老も沢山とれるんです 9月16日 和歌山県産伊勢海老解禁!!!只今伊勢海老企画開催中です。ぷりっぷりで甘味たっぷりの伊勢海老を食しに来ませんか?今回はトップシーズンに入り値上がりしているにも関わらず大盤振る舞いしちゃいます!約250g一匹をまるまる天麩羅にした伊勢海老天丼!!!なんと一人前2500円税別にて販売いたします。1日数量限定10食ですので、お早めに!! 伊勢海老1匹まるまる天丼 もちろんしっかり食せる伊勢海老フルコースもございます。 伊勢海老会席
続きを読む
和歌山ミニトマト狩り体験2020

和歌山!日本1のみかん狩り

日本屈指のみかん生産地である果樹王国紀州和歌山。みかん狩り真っ盛りです。 甘味、酸味のバランスが良く、木になっているみかんをそのままパクリ!鮮度味・味共に間違いなしです☆ 大人から子供まで楽しめる秋の行楽シーズンにはもってこいの体験ですね。皆様是非お越しくださいませ。 みかん豆知識 紀伊続風土記によると、永享年間に糸我荘中番付にて自生のみかん樹を発見。紀州蜜柑伝来記によると、天正年間に、同じく糸我荘中番付の伊藤孫右衛門が紀州藩の委託を受け、肥後八代から丸蜜柑の苗木を導入し、栽培を始めたのが起源という 和歌山県は、2019年産ミカンの収穫量と出荷量が、16年連続で全国1位。収穫量は15万6600トン。2位は愛媛県(12万5400トン)、3位は静岡県(8万5900トン)。 みかん狩りと一緒に富有柿狩り体験も!!実は柿も生産量日本1なんです。 あんちんでは、柿の中でも富有柿狩り体験が楽しめます。富有柿は完全甘柿で甘みが強く、肉厚、果肉が柔らかいといったところが特徴です。 みかん狩りと合わせて富有柿狩り体験も是非どうぞ☆
続きを読む

アクセス

access

〒649-1331 和歌山県日高郡日高川町大字鐘巻1745-3

あんちん

0738-24-1500

●電車をご利用の方
JR紀勢本線「御坊駅」よりタクシーで約5分

●車をご利用の場合
阪和自動車道、川辺ICより車で15分

ウェブマガジン旅色の和歌山グルメ&観光特集に紹介されました